男育

男の育児で男育(だんいく)です。育児や興味のあることを発信していきます。

庭に砂場をDIYしました!作り方、材料、費用を紹介

   


ども、育休中のサットーです。

家の近くの公園の砂場が汚かったことをきっかけに自分の家に砂場を作ってみました。

知的障害児である息子も安全に遊ぶことができます。また、過去には砂場で遊んでいるときに犬か猫のフンを手で触ってしまうという苦い経験もしています。

Sponsored Link

 

準備した材料、工具、費用について

砂場作りに必要なものはホームセンターと百均に行けばそろえることができました。

 

[ホームセンターで購入]

木材200㎝・・・・ 2本(木材は全部で6,000円弱)

木材70㎝・・・・・2本

砂・・・・・・・・11袋(約7,000円)1袋約650円

スコップ・・・・・・1個(約1,000円)

防腐剤・・・・・・・1缶(約1,000円)

ハケ・・・・・・・・1本(約100円)

 

[百均で購入]

L字・・・・・・・・8個(864円)1個108円

ネジセット・・・・・1個(108円)

 

[Amazonで購入]

電動ドライバー・・・1個(1,054円)

 

費用の合計は約17,000円かかりました。

木材については色々なものがあってもっと安いものもあったのですが、すぐに壊れても嫌なので少し高いやつにしてます。

砂も色々な種類がありますが、高熱消毒をしている砂を選択しています。

Sponsored Link

 

砂場の作り方

砂場を設置する場所を決める

我が家はウッドデッキのすぐ横にしました。

このコンクリートを利用すれば綺麗にハマると思ったからです。

木材を購入する前にどこにどのくらいの大きさを作るか決めた方がいいですね。

今回はコンクリートに合わせて縦が70㎝、横は大きめに200㎝にしてみました。

小さければコストも抑えられるし作業量が減ります。我が家では子供が3人でできるように設計しています。

 

枠作り

次は、木材と木材をL字とネジを使って固定します。

こんな感じで四つ角を固定。

このネジを打つ時はAmazonで購入した激安の電動ドライバーを利用していますが、威力が弱いです。

このドライバーはDIYには向いていないと思います。

作業日数は二日ほどで完成できると思います。防腐剤を乾かすのに手間がかかりますね。

費用については砂場が大きいので高くなってしまいました。100㎝、100㎝などで作ればもう少し費用は抑えられますよ。

完成後は、子供たちは喜んで遊んでいました。

 - DIY